Archive for the ‘ ミステリー ’ Category

本作は、第147回直木三十五賞(直木賞、2012年上半期)を受賞した辻村深月のデビュー作である。彼女はこの作品で、第31回メフィスト賞を受賞した。文庫版で上・下巻計1,000Pをこえる大作だが、最後まで読者をあきさせない展開は、この作品が作者のデビュー作である事を感じさせない、見事な出来となっている。

本作は、とある地方都市にある県下一の進学校・私立西南学園高校で開かれた文化祭最終日に、同校生徒が飛び降り自殺するというニュースで幕を開ける。メディアはこの事件を「原因は受験ノイローゼか?」と報道した。

それから3ヵ月が経過した雪の降る日の朝、普段どおり学校に登校した8人の高校生。彼らはいつもと同じ時間に登校し、授業を受ける…はずだった。

ところが、いつもと様子がおかしい。

校舎の中に、彼ら以外の生徒がいる様子がない。

そればかりか、職員室にも教師がいない。

もちろん、彼らの担任教師も姿を消していた。

彼らは真相を探るべく職員室に潜入し、そこで1枚の写真を見つける。

その写真は、彼ら8人の集合写真だが、写っているはずの1人がいないことに気がつく。

やがて、このクラスで同級生が自殺したことを思い出すが、その人物が誰なのか、顔も名前も思い出せないことに気がついて愕然とする。

そのため自分たちの中に自殺者がいるのではないかと、お互いに腹の探り合いを始める8人。

その過程で、彼らが抱える心の闇が明らかになっていく…。====

いじめ。

たえず付きまとう疎外感。

クラスメートから貼り付けられた「優等生」という疎ましいレッテル。

援助交際。

自分に対する自信のなさ。受験のプレッシャー。漠然とした将来への不安感。

自分に自信がないことから来る、恋愛への恐怖。

失恋。

ストーカーまがいの恋愛感情。

自殺。

繰り返されるリストカット。

無理心中。

この本で取り上げられるテーマは、多くの若者が抱えている問題である。

ぱっと見では「進学校に通う高校生」の彼らも、その心には、人知れぬ闇を抱えている。

本作を読む前か、読んだ後かは忘れてしまったが、 その昔「夜のピクニック」を読み終えたとき、ある種の違和感を感じたのを思い出す。この小説で扱われるテーマが、一晩かけて80㎞をひたすら歩くというのもあるが、その中では複雑で微妙な人間関係にも触れているはいるが、このお話の登場人物の悩みは「冷たい-」の登場人物が抱える悩み、苦しみ、心の闇に比べれば、取るに足らないものである。それだけにこの作品の世界観は、ある種のリアリティを持っているといえるだろう。

そして、突然登場する担任教師。彼の正体とは一体?

さらに、この事象の真相とは…

それから2年経った、夏のある日。

彼らは帰省で地元に戻り、近況報告と当時の思い出話に夢中になっている。

東京の大学に進学した者。

自らの経験を生かすべく、心理学を専攻する者。

教師を目指して、地元大学の教育学部に進んだ者。

京都の大学に進んだ者。

その人物を追いかけるように、京都の医科大学に進んだ者。

京都にいる2人以外の仲間たちは、自殺した元クラスメートの墓参りに行き、冥福を祈った。

クラスメートの自殺は、残されたものに衝撃を与える。

自殺のことなんか忘れたい、思い出したくないという気持ちから起こった、あの事件。

この小説のすごいところは、各人が抱える悩みや心の闇を扱いつつ、決してウェットな展開になっていないということ。これらの問題をテーマに扱うとき、一つ間違えれば、読者に「つらい」という感情をあたえかねない。読者にマイナスの感情を与えない作者の筆力は、ただただうなるばかりである。

最後まで読み通して、彼らの将来に幸あれと思わせる、粋な終わり方。

自分もできることならば、彼らのグループに入ってみたいと思わせる作品はめったにない。これは、そのひとつである。

できることなら、冒頭の自殺の一件は「実は冗談でした」というオチだったらよかったのだが…。

蛇足ながら、私が感じた違和感を一つだけ触れておく。

それは彼らの進路が「文系」「理系」と分かれているのにクラスなのはどうして?ということ。

「普通科」のある高校では、よほど偏差値が低い学校でない限り、高校2年生に進級すると、生徒は自分の将来を見据えて「文系」「理系」のコースを選択するのが普通だ。世間一般でいう「進学校」は、高校3年生になると「国公立文系」「国公立理系」「私立文系」「私立理系」という感じで、細かくコースが分かれる。

ところがこの物語に登場する生徒たちは、文系学部に進んだ生徒もいれば医学部に進んだ生徒もいるのに、1年間同じクラスで学んだとしか思えない。ごく希に、文系・理系のコース分けをしない学校があるという話を、何かの本で読んだ記憶がある。あるいは、自分の受験に必要のない科目の授業中は、他の教室で自習を認めるシステムをとっていたのだろうか。

辻村はこの作品以降、次々と注目作を発表している。

直木賞受賞以後は取り上げる題材が幅広くなったが、個人的には、このような独特なタッチの作品をもっとつくって欲しいな、と思っている。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

いよいよはじまった「学級内裁判」。

「事故」か「事件」か。

「自殺」か「他殺」か。

「有罪」か「無罪」か。

学校当局の圧力、被告人の父親の逮捕、元担任の襲撃事件など、次から次へと押し寄せる想定外の出来事を乗り越え、学生達は「学級裁判」の開催にこぎ着ける。大人達が指摘するとおり、この法廷に下される「判決」に法的な意味はない。しかしこの裁判は、判事・弁護士・検事・被告人・各サイドの事務官・廷吏・陪審員・傍聴人と、正式な形式に則って実施されることに意味がある。法廷内では、判事の指示は絶対だ。彼の命令に従わない人間は、生徒だろうと保護者だろうと誰だろうと警告の木槌が打ち鳴らされ、それでも従わない者は、廷吏によって力尽くで退廷させられる。ここでどんな審理が行われ、どんな判決が下されるのか。生徒も保護者も、その行方を固唾を飲んで見守る。

「本件は空想です。被告人は無罪です」

弁護人の発言にどよめく廷内。城東三中の教師・生徒は、被告人に“問題児”というレッテルを貼り、彼らが犯人だという空想を作り出し、彼をスケープコートに仕立てたのです、と。彼の繰り出す弁論と論理の組み立て、その鮮やかな手腕の前に、法廷内は「被告人は無罪」という雰囲気が漂う。検事役を務めるヒロインの顔はみるみるうちに紅潮し、目はつり上がり、歯噛みする。その後も激しく展開する「犠牲者の正体」「事件当夜の被告人達のアリバイ」に関する、弁護・検察両サイドの激しい攻防。「被告人は無罪」という事実が確定した後の、弁護人が被告人にとった、通常の法廷審理ではありえない行動。そしてついに明らかになる、あの日あの場所で起こった事件の真相…====

第三者から見れば「生ける仙人のようだった」犠牲者。だがその正体は、希代の悪党。

表面的には「いい子」を装いながら、身近な人を騙し、傷つけ、苦しむのを見て平然としている「愉快犯」という名の悪魔。小説でははっきり書かれていないが、彼はおそらく多重人格者かつサイコパスなのだろう。なにがきっかけで彼がこんな性格になったのか、作中では明確な描写はない。彼に関して読者に与えられている情報は、子どもの頃から病弱であり、両親はそんな彼に惜しみない愛情を注いできた、ということ。彼らからすれば「健康に育って欲しい」という一心で彼に接してきたのかも知れないが、それが彼の性格形成に重大な影響を与えたのだとしたら、何とも皮肉なことである。

この作品を通じて、作者が訴えたかったのは以下の二つ。

一つは、人を見かけで判断してはいけないということ。

もう一つは「空気を読む」ことを気にするあまり、自己を殺してはいけないということ。

前者に関しては、確かに被告人の以前の行動には問題があった。本人の粗暴な性格と言動に加え、本校出身者でもある彼の父親は、息子が不祥事を起こす度に学校に怒鳴り込み、教職員とトラブルを起こすなど、関係者は彼らの扱いに手を焼いていた。彼らの過去の行状が関係者の心に蓄積された結果、さしたる証拠もないまま、本件の犯人は彼であるという噂がまかり通った。彼に容疑がかかったのは自業自得であり、同情の余地はない。このことは弁護人自身が弁護側尋問での

「被告人はハメられました。ハメるチャンスはだれにでもありました。被告人によって傷つけられ、恨む人間だったら、誰でも告発状を書くことはできました。『誰が告発状を書いたか』というのは表面的な問題に過ぎない。(だから)差出人を特定する必要はない。誰であってもおかしくないんですから」

という発言からも、それは明らかである。

しかし彼がこういう性格になったのは、その生育環境にも原因がある。彼は父親から溺愛されていたことは事実だ。だがそれは愛情ではなく「お金」という形で。そして彼は、父親から再三にわたり虐待を受けていた描写が見られる。子どもに対する過度な虐待は、子どもの心を傷つけるというが、おそらくこの生徒も、家庭内暴力の犠牲者だったのではないか。自宅では父親の暴力におびえ、彼のいうことには絶対服従。そのストレスが、学校内での暴力に向かっていたのではないか。

そして「空気を読む」ということ。本件では確かに、被告人が殺人を起こしたという証拠はなかった。だが彼の日頃の行動から、いつの間にか彼が犯人であるという「空気」が作られ、それに反対する意見は全くといっていいほど上がらなかった。美術教員は学校内に流れる空気を、17世紀フランドル(現オランダ)の画家ブリューゲルの「絞首台のカササギ」という作品に例えていた。この絵は青空の下街を見下ろす小高い丘で、ピクニックを楽しむ人々の情景を描いたものだが、その丘の上に絞首台があるという、不吉で謎めいた作品である。この絵が描かれたのは、宗教改革の真っ最中で周波を問わず教会の異端尋問や魔女狩りが烈しかった時代。この絵に出てくる「カササギ」は、ヨーロッパでは「嘘つき」「密告者」になぞらえられることがある。教員は犠牲者が、学校生活になじめない人間だろうと推測しているが、おそらく他の生徒も「彼は犯人ではない」といったら、他の生徒から仲間はずれにされるだけでなく、次のいじめのターゲットにされるのではないかと思ったのだろう。実際「犯人は彼ではない」という生徒がいなかったばかりに、事件後の校内では思わぬトラブルが起こったのだから。

「現実の中学生が、これだけ立派な考えと行動力を持っているわけがない」

「こいつら、本当に中学生か?」

書評サイトにこんな感想を書いている人は、今人気のアニメの作品に出てくる登場人物のほとんどは、年齢が中・高生の設定になっていることに違和感を覚えないのだろうか。はっきり言って、このお話に出てくる大人達は、生徒たちの活動を応援するどころか、逆に自分の保身のために、生徒たちの活動を邪魔しようとした。その代表例が「学級内裁判」のきっかけを作ったテレビ局の人間である。しかもこの男はことの顛末を本にしようと企み、前校長から呆れられた。そういえば彼は、証人として証言する時も、自説を延々と語るだけだったっけ。テレビ局の記者全員がそうだとは言わないが、その自意識過剰な発言は怒りすら湧いてくる。中学生がこれだけの行動力を示したのは、大人達がだらしがなかったから、だといえるだろう。

20年後「学級内裁判」に関わった生徒が、教師として母校にやってくる。彼は「僕たち、友だちになりました」といっているから、このときのメンバーとは未だにつきあいがあるのだろう。ヒロインの20年後は、下巻に収録されている「負の方程式」に収録されているので、そちらをご参照願いたい。個人的には「不良三人組」がその後どんな人生を辿ったのか、被告人の家族がどうなったのかが気になる。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

No tags for this post.

賽は投げられた。裁判の体制も決まり、真相究明に向けて走り始める両陣営。

そして、その過程で明らかになった意外な真相…

「テレビ局記者」の執拗な追求がきっかけだったとはいえ、ついに「裁判」をすることを決意したヒロインだが、現実は厳しかった。

一連の疑惑に対し憤りを感じつつも「受験」を理由に、非協力的な姿勢を見せる同級生達。

明確な根拠を示さず、ただただ「反対」を言い張る教員。頼みの親ですら、娘の行動を理解しようという姿勢は希薄。

ところが、開催される「卒業制作」でヒロインが「学級裁判」のことを取り上げたことに学年主任が激怒、口論のあげくにヒロインを殴打する、という事件が発生したことで、一気に流れが変わった。娘が教員から体罰を受けたという非常事態に、親が抗議のために学校当局に談判したのである。その結果「学級裁判」実現の流れが一気にすすんでいく。

ヒロインは当初「容疑者」の弁護人を務めるつもりで計画を進めていた。ところが思わぬところから横やりが入り、彼女は「弁護士」から「検察」へと役割の変更を余儀なくされる。被告の人権を守るためにも、弁護人抜きの裁判はありえない。だが「札付きのワル」としてその名を校内に轟かしていた被告人を弁護しようという、奇特な生徒が校内にいるはずがなかった。ところが被害者の小学校時代、同じ塾に通っていたという私立中学に通う生徒が、弁護士役を引き受けてくれることになった。ミステリアスな雰囲気を漂わせるこの生徒、ただ者じゃないなと思っていたら、壮絶な過去を抱えていた。そのことを知っているのは遺体の第一発見者だけである。裁判は陪審員制度を導入した形式で行われることになり、検察側・弁護士側を手助けする事務官・陪審員候補者・判事・廷吏役の生徒も校内のツテや立候補で決まり、検察・弁護側双方は、真相究明に向けて動き出す。====

裁判進行上重要な証拠を集めるにあたり、検察・弁護士双方とも、周囲の大人から「被告人宅の放火事件には関わるな」と警告される。その言葉に引っかかるものを覚えながらも、真相解明のために両陣営は、ありとあらゆる手段を駆使して、証拠固めに走り回る。そしてその過程で、両陣営は被告人たく放火事件にまつわる、ある疑惑を知ることとなる。弁護士側は、被告人で働いていた元ヘルパーから。検察側は、被告人の仲間の家族の証言から…。そして真相究明の動きの中で、被告人一家の闇の部分が明らかになっていく。

一般に問題行動を起こす生徒は、抱えているケースが多いが、被告人が粗暴な行動をとるのも、家庭に問題があるからだということが判明する。

被告人の父親は、子どもに高価なブランド服を着させるなど、対外的には我が子をかわいがっているように見えるが、その一方で妻と子どもに、恒常的に暴力を振るっていた。「裁判」に関する打ち合わせ当日も、被告人は約束の時間から遅れ、顔を腫らして登場した。彼を殴ったのは、父親である可能性が高い。

また被告人の自宅は原因不明の火事で全焼、その火事で被告人の祖母が犠牲になっているが、これについてもある疑惑が浮上した。被告人の自宅は老巧化していたが、祖母はこの家に愛着を持っていた。父親はぼろ屋を解体して立て直したかったのだが、祖母はそれに反対していた。祖母が深夜徘徊を繰り返したのに、その世話はヘルパーに丸投げにしていたのは、家屋敷の名義が母親だったため、勝手に処分できなかった息子がとった嫌がらせとしか思えない。おまけに母親は完全な認知症ではなく、いわゆる「まだらボケ」で意識がはっきりすることもあったことも、息子のいらだちを増大させた。ついに息子は、己の野望を果たすためにとんでもない手段に打って出る。それはバブル期、日本全国で頻発したことだが、ネタバレになるのでここでは触れない。ただいえることは、俗に言う「バブル時代」がなければ、もっと違った結果になっていたはずである。家族関係も何もかも。

被告人の父親は地域の鼻つまみ者だったが、商売上のつきあいからなのか、闇世界との深い関係が示唆されている。警察もかなり前から、彼らのことを捜査していたようで、父親もヒロインにそれとなくほのめかしている。弁護士側も、被告人の父が経営する会社の経営実態について、父親の弁護士(こちらは、本物の弁護士である)からヒントをもらう。筆者は放火事件についてヘルパーが語った時、そのあまりの生々しさに「本当は彼女が真犯人では?」と思ってしまった。だが父親は、自分の会社の経営実態について、息子にも妻にも明かしていないどころか、来客した相手の詮索も嫌がっていたようだ。自分の父親が、どんな仕事をしているのかを知りたがらない子どもはいない。だが子どもにすら明かしていないところを見ると、相当あくどい商売をやっているどころか、何らかの理由で闇勢力とのつきあいを深めざるを得なくなったようだ。その理由は、これから明らかになるのだろうか?さらに「告発状」に関わった元担任と、告発状の犯人と名指しされた生徒の運命とは?

それらの事実が一本の線でつながった時、本件の真相は明らかになる…

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

教育現場の体質、歪んだ功名心から正義感を振り回し、どや顔で伝えるメディア、二転三転する情報にいらだつ父兄、そして子どもたちが抱える心の闇…これらの問題は、昔も今も悩ましい問題である。

本作は2002年から11年まで「小説新潮」に連載され、宮部みゆきの作家デビュー25周年にあたる2012年に刊行された作品の文庫化である。400字詰め原稿用紙で4,700枚という超大作であり、シリーズ三部作は、文庫化にあたり上下巻に分けて刊行された。映画化もされ、それは今年(2015年)3月・4月に前・後編形式で公開される。これだけの大著を、どのようにまとめてくるのか大いに楽しみであり、不安でもある。

その事件は、バブル絶頂期の1990年のクリスマスに起きた。

都内にある中学校で、生徒の死体が発見される。事件が起きた情況から、捜査当局も学校側も、本件を「自殺」と断定し、遺族もそれで納得した…はずだった。ところが、本件は「自殺」ではなく「他殺」であるという告発状が学校当局・本作のヒロインの自宅に届いた。いや、本当は当時の担任にも告発状が送付された。ところが全くの個人的悪意から、担任と同じマンションに住む主婦がこの告発状を盗み取り、それがテレビ局のニュース番組に送られたことから、事件は思わぬ展開を辿ることになる。

歪んだ正義感を持ったテレビ局記者によりおこなわれた、悪意を持ってねじ曲げられて報道で広がる大人達の疑心暗鬼。告白状の処理を誤った校長は、保護者集会で糾弾されたあげく退職に追い込まれ、当時の担任教師は、告発状を受け取っていないという事実を証明できず、同僚及び先輩教員から責任を追及され、不本意な形で教壇を去った。その後も続くゴタゴタに子どもたちはいらつき、傷つき、疎外感を味わう。そしてその後も執拗に「真相究明」という名の「思い込み」報道を目論む「記者」の追求に憤りを感じたヒロインは、自分たちの手で真相を究明するため、学校内で裁判をしますと表明する…。====

「生徒殺人事件」の容疑者としてあげれている「不良三人組」。彼らを「どうしようもない連中」と切り捨てるのは簡単だが、それぞれ家庭環境に問題を抱えていることがうかがえる。三人組のリーダー格の父親は地元の有力者と目されており、バブル景気に乗って商売の規模を拡大してきたことから、経営者としても有能だと思われている。彼もまた、息子と同じ中学校を卒業したが「商売に学校教育はムダだ。学校の先生に『世間で生き抜くための教育』は出来ない」という思想の持ち主であり、事ある毎に学校当局と衝突を繰り返す荒くれ者である。息子に対しては自分なりに「惜しみなく愛情を注いでいる」と思っているようで、いつも高級品を身に纏わせている(それが似合う、似合わないというのは別にして)。だが、当の息子がそれに対してどう思っているのは、この時点ではまだわからない。絶えず「子分」としてついてるあとの二人にしても、放任家庭でほとんど子どもの世話を顧みなかったり、家が商売をしているが生きていくのに精一杯、とてもじゃないが子どもの世話まで気が回らないという家庭環境にあるなど、それぞれが生育環境に問題を抱えていることがわかる。

「告発状」が送られたことがきっかけかどうかわからないが、「容疑者」と名指しされた不良生徒の子分二人は、学校内で派手な大立ち回りをしたあげく、相手に瀕死の重傷を負わせるという事件を起こす。「殺人事件容疑者」とされたのが我慢らならなかったのが原因と思われるが、この時点でははっきりしたことはわからない。だがこの事件が生徒に与えた衝撃は大きく、その後のテレビ報道で「不良中学校」というレッテルを貼られたことに我慢の限界を超えたヒロインが「学級裁判」を起こす決意をさせるきっかけになった。

彼ら以外にも、家庭環境に問題を抱えている生徒は多い。生徒の遺体の第一発見者の家庭は、父親がこれまでの安定したサラリーマン生活を捨て、親戚の口車に乗り、成功するかどうかわからないペンション経営に乗り出すと言い出して、その計画に反対する妻・子どもと対立している。告白状を作成した生徒は酷いニキビに苦しみ、そのことで「不良三人組」から手酷いいじめを受けていた上、母親は娘のいうことを全く聞き入れてくれず、父親は自分の世界に没頭している。ここまでの登場人物で、真っ当な家庭環境で育ったのはヒロインくらいしかいない。

「裁判を始める」と宣言したヒロインの心にあるもの。

それは「大人達は自分の保身ばかりだけしか考えず、自分たちの気持ちをまるで考えてくれない」という、大人達、そしてメディアへの不信感。

一方的にレッテルだけを貼り、子どもたちの言い分に耳を貸さず、世間体だけを気にし、ひたすら嵐が過ぎ去るのをじっと待つだけの学校当局。

「これは(視聴率的に)おいしそうなネタだ」というさもしい魂胆で、カメラの前で偽善的な報道をするその内側は、薄汚れた野心を持ち、人の不幸をネタにしてのし上がることしか考えていない「ジャーナリスト」という名のメディア関係者。

学校当局に不信感を持ち、不平不満をぶちまけるだけで、真相究明のために何ら動こうとしない保護者達。

ヒロインはこれら強大な敵を前に、どんな策を弄して立ち向かうのかが大いに気になる。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。