2015年2月の読書リスト

もうすぐ春ですね。世間様は「ひな祭りだ花見だ」と浮かれるのでしょうが、貧乏人には関係のない世界ですね。

2015年2月の読書メーター

読んだ本の数:3冊

読んだページ数:1303ページ

ナイス数:0ナイス

ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)

読了日:2月11日 著者:宮部みゆき
発展する地域 衰退する地域: 地域が自立するための経済学 (ちくま学芸文庫)発展する地域 衰退する地域: 地域が自立するための経済学 (ちくま学芸文庫)

読了日:2月23日 著者:ジェインジェイコブズ
沈黙の春 (新潮文庫)沈黙の春 (新潮文庫)

読了日:2月23日 著者:レイチェルカーソン


ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻

紆余曲折を経て、ようやく裁判開廷が近づいた…と思ったら、まだまだ一波乱も二波乱もあるような予感が。被告人の父親が自宅放火の嫌疑で逮捕され、元担任が何者かに襲撃され、瀕死の重傷を負う。これらの事件が、本件とどう絡んでいくのか興味は尽きない。会話が多いから、まるで戯曲を読んでいるような印象を受ける。そして、弁護士役の少年に対する違和感。彼は一体何者なのか?まさか「自殺した」といわれた少年の正体は彼でした…なんてことはないよね?そして、登場人物は本当に中学生?今から20年前の中学生だって、ここまで理知的な子はいないような気がするが。高校生の法が現実感があったのだろうが、設定を中学生にしたのは、出版サイドの意向なのだろうか?====


発展する地域 衰退する地域: 地域が自立するための経済学

「まちづくり」に興味があって読んでみたのだが、何を言いたかったのかわかりにくかったなあ…というのが第一印象。翻訳者の解説を読んでも腑に落ちず、頭の中にすとんと入ったのは、鳥取県知事を務めた片山善博氏の解説だった。この本がいいたかったことは、彼の解説にまとめられているので、本文に目を通す前に読んでおくことをお薦めします。あと、第一章はやたらと小難しい経済学の理論とそれに関連する歴史の記述なので、経済音痴を自認される人はすっ飛ばして第二章から読み始めるなり、第二章から全部目を通したあと、まとめの意味で第一章を読むなりした方が、理解が深まると思います。


沈黙の春

環境学を学ぶ上では、絶対に外せない本である。本国で出版されたのは1962年だが、半世紀以上も前から化学薬品の危険性を唱えていたことは、敬服に値する。彼女が指摘したDDTについては、現在の知見からすると誤りが多いといわれているが、当時の環境学ではほとんど顧みられなかった生態系への影響を、世界中の環境保護運動に取り入れ、人間が生きるための環境を見据えた環境運動のきっかけになったアースディや国連人間環境会議への影響は大きい。この本はまさに「環境学の古典」である。作者は本作執筆中からガンに苦しみ、その痛みに耐えながら執筆活動をしていたのかと思うと切ない思いにとらわれてしまう。現代の地球環境を、天国から作者はどんな思いで見つめているのだろうか?

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

賽は投げられた。裁判の体制も決まり、真相究明に向けて走り始める両陣営。

そして、その過程で明らかになった意外な真相…

「テレビ局記者」の執拗な追求がきっかけだったとはいえ、ついに「裁判」をすることを決意したヒロインだが、現実は厳しかった。

一連の疑惑に対し憤りを感じつつも「受験」を理由に、非協力的な姿勢を見せる同級生達。

明確な根拠を示さず、ただただ「反対」を言い張る教員。頼みの親ですら、娘の行動を理解しようという姿勢は希薄。

ところが、開催される「卒業制作」でヒロインが「学級裁判」のことを取り上げたことに学年主任が激怒、口論のあげくにヒロインを殴打する、という事件が発生したことで、一気に流れが変わった。娘が教員から体罰を受けたという非常事態に、親が抗議のために学校当局に談判したのである。その結果「学級裁判」実現の流れが一気にすすんでいく。

ヒロインは当初「容疑者」の弁護人を務めるつもりで計画を進めていた。ところが思わぬところから横やりが入り、彼女は「弁護士」から「検察」へと役割の変更を余儀なくされる。被告の人権を守るためにも、弁護人抜きの裁判はありえない。だが「札付きのワル」としてその名を校内に轟かしていた被告人を弁護しようという、奇特な生徒が校内にいるはずがなかった。ところが被害者の小学校時代、同じ塾に通っていたという私立中学に通う生徒が、弁護士役を引き受けてくれることになった。ミステリアスな雰囲気を漂わせるこの生徒、ただ者じゃないなと思っていたら、壮絶な過去を抱えていた。そのことを知っているのは遺体の第一発見者だけである。裁判は陪審員制度を導入した形式で行われることになり、検察側・弁護士側を手助けする事務官・陪審員候補者・判事・廷吏役の生徒も校内のツテや立候補で決まり、検察・弁護側双方は、真相究明に向けて動き出す。====

裁判進行上重要な証拠を集めるにあたり、検察・弁護士双方とも、周囲の大人から「被告人宅の放火事件には関わるな」と警告される。その言葉に引っかかるものを覚えながらも、真相解明のために両陣営は、ありとあらゆる手段を駆使して、証拠固めに走り回る。そしてその過程で、両陣営は被告人たく放火事件にまつわる、ある疑惑を知ることとなる。弁護士側は、被告人で働いていた元ヘルパーから。検察側は、被告人の仲間の家族の証言から…。そして真相究明の動きの中で、被告人一家の闇の部分が明らかになっていく。

一般に問題行動を起こす生徒は、抱えているケースが多いが、被告人が粗暴な行動をとるのも、家庭に問題があるからだということが判明する。

被告人の父親は、子どもに高価なブランド服を着させるなど、対外的には我が子をかわいがっているように見えるが、その一方で妻と子どもに、恒常的に暴力を振るっていた。「裁判」に関する打ち合わせ当日も、被告人は約束の時間から遅れ、顔を腫らして登場した。彼を殴ったのは、父親である可能性が高い。

また被告人の自宅は原因不明の火事で全焼、その火事で被告人の祖母が犠牲になっているが、これについてもある疑惑が浮上した。被告人の自宅は老巧化していたが、祖母はこの家に愛着を持っていた。父親はぼろ屋を解体して立て直したかったのだが、祖母はそれに反対していた。祖母が深夜徘徊を繰り返したのに、その世話はヘルパーに丸投げにしていたのは、家屋敷の名義が母親だったため、勝手に処分できなかった息子がとった嫌がらせとしか思えない。おまけに母親は完全な認知症ではなく、いわゆる「まだらボケ」で意識がはっきりすることもあったことも、息子のいらだちを増大させた。ついに息子は、己の野望を果たすためにとんでもない手段に打って出る。それはバブル期、日本全国で頻発したことだが、ネタバレになるのでここでは触れない。ただいえることは、俗に言う「バブル時代」がなければ、もっと違った結果になっていたはずである。家族関係も何もかも。

被告人の父親は地域の鼻つまみ者だったが、商売上のつきあいからなのか、闇世界との深い関係が示唆されている。警察もかなり前から、彼らのことを捜査していたようで、父親もヒロインにそれとなくほのめかしている。弁護士側も、被告人の父が経営する会社の経営実態について、父親の弁護士(こちらは、本物の弁護士である)からヒントをもらう。筆者は放火事件についてヘルパーが語った時、そのあまりの生々しさに「本当は彼女が真犯人では?」と思ってしまった。だが父親は、自分の会社の経営実態について、息子にも妻にも明かしていないどころか、来客した相手の詮索も嫌がっていたようだ。自分の父親が、どんな仕事をしているのかを知りたがらない子どもはいない。だが子どもにすら明かしていないところを見ると、相当あくどい商売をやっているどころか、何らかの理由で闇勢力とのつきあいを深めざるを得なくなったようだ。その理由は、これから明らかになるのだろうか?さらに「告発状」に関わった元担任と、告発状の犯人と名指しされた生徒の運命とは?

それらの事実が一本の線でつながった時、本件の真相は明らかになる…

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

2015年1月の読書リスト

とんでもないニュースが飛び込んできた。

今月半ばから「イスラム国」に拘束されていた、フリージャーナリストの後藤健二さん他1名が、イスラム国の兵士によって殺されたというニュースが飛び込んできた。

メディアも政府も、このニュースで右往左往。家族は、この事態をどう思っているのだろうかと思うと、心が痛む。

それにしても、腹が立つのは安倍首相の発言である。なぜこの時期に中東を訪れ、現地で

「イスラム軍と戦う各国政府に、総額2億ドルの支援を行います」

と発言したのか?報道によると、イスラム国は数ヶ月前から、日本人を拘束していたらしい。彼らがこのことを公表したのは、安倍首相の中東での発言を受けてのものと考えられる。

今日(2015年2月1日)の会見で安倍首相は「許しがたい行為だ」と涙ながらに語っていたが、内心では「しめしめ、これで堂々と『改憲』や『集団的自衛権』のための関連法案が制定しやすくなったぞ」と思っているに違いない。メディアの報道姿勢も、これからどう変化するか監視する必要がある。

2015年1月の読書リスト

読んだ本の数:7冊

読んだページ数:1851ページ

ナイス数:0ナイス

イスラム金融入門イスラム金融入門

読了日:1月7日 著者:吉田悦章
COPPELION(22) (ヤンマガKCスペシャル)COPPELION(22) (ヤンマガKCスペシャル)

読了日:1月8日 著者:井上智徳
ホンのひととき 終わらない読書ホンのひととき 終わらない読書

読了日:1月13日 著者:中江有里
憲法主義:条文には書かれていない本質憲法主義:条文には書かれていない本質

読了日:1月15日 著者:内山奈月,南野森
ウィッチクラフトワークス(8) (アフタヌーンKC)ウィッチクラフトワークス(8) (アフタヌーンKC)

読了日:1月16日 著者:水薙竜
『週刊新潮』はなぜ、読者に読まれるのか―「編集意図」「購買心理」から『週刊新潮』流を読み解く!『週刊新潮』はなぜ、読者に読まれるのか―「編集意図」「購買心理」から『週刊新潮』流を読み解く!

読了日:1月20日 著者:平林雄一
ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)

読了日:1月28日 著者:宮部みゆき

イスラム金融入門

最近、金融関係者の間で密かなブームになっている「イスラム金融」についての解説本。ただし、タイトルに「入門」が着いているが、金融の素人にもわかりやすく書かれていない、ということに注意。「金融」について、ある程度知識があることが、この本を理解するポイントである。

イスラム金融の意義、歴史、運用実績について、多角的な分析がなされているのが特徴。従来の金融アプローチとはまた違った考えを知りたい人はぜひ。

COPPELION(22)

コッペリオン部隊と「忘れ物係」との対決にやっと決着がつく…と思っていたのだが、問題解決にはまだまだ時間がかかりそうだ。「三教授」が退場したとたん、いよいよ本性を現した強大な敵「イエローケーキ」。「忘れ物係」メンバー・伊丹刹那誕生のおぞましい経緯に背筋が冷たくなる感覚を覚える。「忘れ物係」に拉致された野村タエ子の運命は?その背後でうごめく大国のエゴ。「イエローケーキ」と大国政府とつながっているのだろうか?所詮コッペリオン部隊と忘れ物係は、彼らの掌で踊る存在に過ぎないのかと思うと、なんだか切ない。劇中で主人公が「除染すれば希望がある」と発言しているのは作者の持論なのか、それとも出版社の方針でそうなったのか気になるところ。

ホンのひととき 終わらない読書

近年は女優業の他、脚本家や書評家としても精力的に活動している中江有里の、新聞・雑誌に掲載した関するエッセー・書評を一冊にまとめた本。その文体からは浮かんでくるのは本に対する愛情、長年「週刊ブックレビュー」司会者として共演していた児玉清への深い敬愛の念。彼の本は一冊も読んだことがないが、彼女の文体は児玉清の影響を受けているのだろう。児玉は保守派だったが、彼女は現代を覆う、不穏な動きにわずかながらも懸念を示しているのは嬉しい。この本を見て、読みたい本が沢山あったのは嬉しい収穫。

憲法主義:条文には書かれていない本質

新進気鋭の憲法学者と、アイドルグループ「AKB48」のメンバー・内山奈月の、2日間にわたる『集中講義」のやりとりを収録した、憲法についての本。詳細はこちらの記事を参照して欲しいが、巷に溢れている「憲法入門」の中では、本書が一番易しく解説されている。これはひとえに、内山の功績が大であろう。選挙とは?一票の格差とは?権力と憲法の関係など、この本を見ると、我々がいかに憲法について無知であるかを思い知る。だが問題なのは、「改憲派」国会議員の大部分が、憲法の本質について理解していないことだろう。日本の有権者の皆様方、憲法の本質について知らない議員先生に、このまま改憲を許していいのですか?

ウィッチクラフトワークス(8)

昨年1月~3月に放映された、同名アニメの原作最新刊である。

現在はヒロインに守られている主人公が、小さい頃は立場が逆だったという衝撃の事実。主人公の妹の、度を超したブラコンぶりは、某「さすおに」ライトノベルのヒロインといい勝負、いやそれ以上。ここまでくるともはや犯罪だが、ヒロインの主人公に対する偏執狂っぷりも異常である。そんな人間に変態呼ばわりされる姉弟が哀れで…w。ところで、姫様はいつ寝ているのだろう?番外編として、多華宮霞と彼女のクラスメート・田沼さんの出会いの話が収録されている。

週刊新潮』はなぜ、読者に読まれるのか

タイトルと内容が、これほど反比例している本も珍しいだろう。今年一番の、いや今まで買った本の中で、ぶっちぎりのワースト本認定。書店でパラ見したんだけど、中身をろくに吟味せずに買って、猛烈に後悔している。いや後悔なんてもんじゃない、憤り、怒り、その他諸々のどす黒き感情が渦巻いて…。一言で言えばこの雑誌、ただの「弱いものいじめ」じゃないか?他人の生活をこれでもかとばかりに暴き出し、庶民はこれを見て拍手喝采。こんな雑誌がもてはやされている限り、日本のメディアの将来は暗い。

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻

「裁判をします」ヒロインは宣言する。そして、その準備のために奔走する。本来は、彼女自身が「容疑者」の弁護をしたかった。だが思わぬところから横やりが入り、一転して「検察官」の役割をすることに。真相究明を手助けするどころか「学級裁判」潰しを画策する校長代理、学年主任達。「受験が近い」ことを口実に、非協力的な態度をとる生徒たち。だが救いの手は、意外なところからやってくる。そして浮上した、「容疑者」の自宅放火事件に関する不穏な噂。検察側・弁護側双方からなされる「本件には関わるな」という、大人達の忠告。最後に出てくる「花火師」が意味するものとは?

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

2014年12月の読書リスト

私はこのブログの原稿をScrivener(「スクリブナー」と読む)で書き、それをプラウザでブログの管理画面にログインし、原稿をコピー&ペーストし、文字飾りをして記事をアップしている人間である。ブログ専用のテキストエディターもあるようだが、お金がかかるのでこの方法を用いている。

Scrivenerは日本でも人気のあるソフトであり、学術論文や脚本、小説などを執筆する人が愛用している。だがご存じの方も多いと思うが、このソフトは外国製であり、英語が苦手な人間にとっては取っつきにくいソフトである。管理人もご多分に漏れず英語が苦手であるが、必要最低限の英語は何とか理解できていたので「だいたいこんなことを言っているのだろう」という、何ともおおざっぱな理解で何とか使いこなしていた。

ところがこの年末発売されたMacfanに、このソフトの日本語化アップデーターソフトが紹介されていることを知り、早速ダウンロード&インストール。ツールバーが日本語化されていることを確認し、自分の思うような設定が出来るようになった。ありがたい限りである。

それでは、先月読んだ本の感想をざっと紹介したい。

2014年12月の読書リスト

進撃の巨人(15) (講談社コミックス)進撃の巨人(15) (講談社コミックス)

読了日:12月12日 著者:諫山創
四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

読了日:12月16日 著者:新川直司
四月は君の嘘(2) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(2) (月刊マガジンコミックス)

読了日:12月20日 著者:新川直司
闘うための哲学書 (講談社現代新書)闘うための哲学書 (講談社現代新書)

読了日:12月24日 著者:小川仁志,萱野稔人
ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

読了日:12月28日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)

読了日:12月28日 著者:宮部みゆき

進撃の巨人 第15巻

2009年の連載開始から5年あまり。漫画界のみならず、社会や出版業界に影響を及ぼしてきたこの作品も、ようやく真相が見えるところまでたどり着いた。

王政サイドの陰謀により「謀反人」扱いされていた調査兵団。伝説の殺人鬼ケニー・アッカーマン率いる対人制圧部隊、中央憲兵団との抗争に苦しみつつも、分隊長ハンジ・ゾエの機知に富んだ計略、調査兵団の正当性を理解した「ドラ息子」フレーゲル・リーブスの決断により窮地を脱出、クーデターにより王政打倒に成功する。ピクシス指令の狸親父ぶりには舌を巻くが、ザックレー総統が実は「反王制」だったことは意外。そしてこれまでの「王家」とは別の王家が存在し、その王家は104期メンバーの中に存在していたのだ。さらに、その王家はエレンの父親とは意外な因縁があり…。

昨年11月に公開された映画の舞台挨拶で、アニメ2期の制作が発表されたことから、原作も今年中に完結されることが予想される。さて一体、どんな結末を迎えるのだろうか?捕捉されたが供述を拒み、自らを結晶化したアニは目を覚ますのか?ライナー、ベルトルト、ユミルの再登場はあるのか?

四月は君の嘘 第1巻 第2巻

昨年10月から放映されている、同名アニメの原作マンガ。11巻で完結されることが告知されており、アニメも完結まで放映されるそうだ。

主人公は小さい頃から「神童」の名前をほしいままにしながら、その演奏は「人間メトロノーム」「母親の操り人形」「コンクールだけのピアニスト」などと揶揄されるなど、決して評価が高いものだとはいえなかった。彼は「お母さんに喜んで欲しい」一心で厳しい練習を積んでいたが、母の死がきっかけでピアノが弾けなくなり、2年間コンクールから遠ざかっていた。そんなある日、破天荒な少女ヴァイオリニストとで会ったことで、彼の世界は一気に変わっていく…

その少女・宮園かをりはやたらと気が強くけんかっ早いが、寂しがり屋で泣きながら「一人にしないで」と主人公にすがるなど、年相応に少女らしさを見せる。

演奏は素晴らしいものだが、演奏直後に手首が震えていたり、舞台上で倒れて入院したりと、初っぱなから不穏な雰囲気が漂う。

果たして、この二人にどんな運命が待ち構えているのか?====

闘うための哲学書

1970年生まれの二人の哲学者が、一般市民むけに開催された哲学セミナーの模様を収録したものである。

書棚には星の数多ほど「哲学入門」書があふれかえっているが、それらの本がわかりやすかったためしがない。それもそのはずで、これらの本の作者の多くは、自分の知的レベルにあわせて「解説」しているからである。この本もその例に漏れず、語られていることは難しく、理解するのは難しい。だが語り言葉で綴られているので、他の「入門書」よりは理解しやすいだろう。

本書を読んでみると、いかに「古典」が大事である事が理解できるだろう。この本で取り上げられている哲学者の発言の《修飾語の連続》ほとんどは、現代にも通用する、いや、現代人に一番欠けているのが、彼らの思想である事は明白。この本が、世間に急速に広がっている「反知性主義」を止める手段になればいいのだが。

ソロモンの偽証 第一部(上・下巻)

2012年に刊行された、日本を代表するミステリー小説。その待望の文庫本であり、今年の春に映画化が予定されている作品である。

時は日本がバブル景気に沸き浮かれていた1990年のクリスマスイブ、都内のある中学生が屋上から転落死を遂げた。

学校と警察当局は本件をこの事件を「自殺」として処理し、生徒たちも遺族もそれに納得した…はずだった。

ところがこの「事件」は、自殺した担任きょうしとおなじまんしょんにすむしゅふの歪んだ欲望と、自己顕示欲の強いテレビ局「報道記者」の手によって、あらぬ方向に向かいはじめる。関係者の間に電場する疑心暗鬼。それらが積み重なり、学校の雰囲気は一気に重苦しくなっていく。ヒロインは当初「無関係」を装いつつも、父が警察官ということもあり、ひそかに事件の行方を気にしていた。だが彼女にも「報道記者」がせまってきたことから、ついにある決断をする…

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。