「2016年5月の読書リスト」

今年も6月がやってきた。今週、気象庁は九州から東海地方が梅雨に入ったことを告げた。既に沖縄は梅雨に入っているが、震災の後遺症から未だに立ち直れない熊本県民にとっては、この上なく鬱陶しい梅雨になることは確実だ。全ての被災者が、仮設住宅には入れるのはいつになるのだろうか。自分の住んでいるところが、あれだけの大規模震災に見舞われたらと思うとゾッとする。

話は変わるが、自宅にBSを入れてみた。ただでさえカツカツな生活なのに、お前は何を考えているのかと当初は文句を言っていた母だが、自分の好きな韓国ドラマを見放題と知ったとたん態度が変わり、今では夢中になってテレビを見ている。

確かに、BSの世界は面白い。だがこの世界は、私みたいな「経済弱者」には実につらい。面白そうな番組は、それなりの視聴料(2,000円~税抜/月)を払わないと、見ることができないチャンネルが多いからだ。また提供されるチューナーも、USBケーブルで接続できるレコーダーがないと、全くの役立たずである。録画して再生するとき、レコーダーが古いと、画面がハイビジョン(以下HV)幅にならない(いわゆる「標準画質」)。最近はチューナーの性能がアップしたので、旧式レコーダーでもHVで再生できる。だが画面幅がHVになるだけで、画質が向上するわけではない。テレビの画面設定を調整するだけでは限界がある。本来の画質を堪能するためには、外付けでもいいからハードディスク(以下HDD)を買わないといけない。

つい先日、私はお金を貯めて外付けHDDを購入し、付属のUSBケーブルをチューナーに接続して番組を録画・再生したところ、現在使っているレコーダーで再現される画質とは比べものにならないほどきれいな画面だった。さすが最新鋭のHDはすごいな…と思っていたら、購入してたった一週間で、HDDの調子がおかしくなってしまったではないか!再起動を繰り返し、チューナーの接続をし直しても、いっこうに不調から立ち直る気配がない。

原因として考えられるのは、室温・湿気(この二つは。PC及びその関連部品の大敵である)が前日より上昇したため、基板内の温度が高くなって働きが悪くなったこと、長時間(といっても数分~長くても2時間ほど)複数番組を同時に録画していたこと、録画しながら録画済みの番組を再生していたことだろうか。それ以外に思い当たる理由がなく、もちろん乱雑に扱ったことはない。前日までサクサクと動いていたので、誰かが細工した可能性もない。まさか工場から出荷~店舗に搬送される途中で落下した製品が、そのまま私の手元に来たのだろうか?疑えばきりがないが、はやく元に戻ってもらいたい。これ以上の出費は勘弁して欲しい…

…と思っていたのだが、夜になって、気温が低くなったからか、それとも冷房が効いてきたのか、やっとHDDの調子が戻った。だが本日録画したドラマ・映画は画像が乱れたまま録画されたため、泣く泣く消去することになった。その中には、いつ放送するのかわからない作品もあるから、心理的ダメージは大きい。「夏バテ」する機械なんて、人間みたい…なんて、冗談じゃない。その後も、同時録画していた映画が、途中で録画できなくなったりとトラブル続き。その後も、HDから異音が出る度に心臓が痛くなったりだったが、とうとう我慢の限界がやってきた。見たいアニメが同じ時間帯に放送されるので録画設定したところ、再生された番組は二つとも短時間しか録画されなかったのだ。結局購入店に相談の上、新品と交換してもらうことに。その後Webを見たら、製造元のサポートセンターについての不満が出るわ出るわ…あああ、早くお金を貯めて、本機レコーダーを買わないと。

さて、先月読んだ本の紹介。

コミックが多かったのは、膝を痛めて毎日のように通院しており、通院先に置いてある作品を読む時間があったからだ。

 

Read the rest of this entry
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

2015年12月の読書リスト

当ブログを訪問してくれる皆様、明けましておめでとうございます。

このような無名ブログをいつも訪問していただき、いつもありがとうございます。

旧年中はお世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

・・・という時候の挨拶もはばかれるような暗い雰囲気ではじまろうとしている2016年である。

日ごとに家計を逼迫するエンゲル係数もさることながら、国内では有事法成立、国外では「イスラム国」の脅威、世界各地で収まる気配が見えない民族紛争など、争いの火種は世界中に広まりつつあるようで不安だ。市井の庶民にとって最大の不幸は、現在ほど発想の転換が必要だというのに、国内外の政治家が依然として「国家」という概念に凝り固まっていること。現代政治の世界こそ「グローバル化」という大きな視点が必要なのに、その概念は経済の世界だけに止まり、しかもそれが世界中で格差拡大と貧困層の増加をもたらすという現実に、多くの指導層が目をそらしている有様を、我々はどう受け止めればいいのか。

国内における反戦運動の動きも鈍い。大学の先生たちががんばっているのは認める。だが将来を担うであろう学生たちの動きが、SEALDsなどごく一部にとどまっていることに、多くの大学教員たちは一様に

「イベントを開催しても、参加者のほとんどは一般人ばかりで、肝心の学生はほとんど参加しない」

と嘆く。

学生の側から見れば、就職のことで頭がいっぱいで、そのことにまで気が回らないというのもあるだろう。だが私からいわせれば、これは大学教員の常日頃の言行が、学生の態度に重大な影響を及ぼしているのではないだろうか?と穿った見方をしてしまう。「日本の将来が危ない」といいつつ、教室内では学生に尊大な態度で振る舞う教員たち。そんな彼らに対し、教え子たちは

「いい気味だ」

「俺たちをバカにした報いだ」

と、冷ややかに見つめているに相違ない。世間で言うところの「一流大学」の学生ほどその傾向は顕著で、彼らの多くは

「俺たちはがんばって一流大学に入ったから、戦場に行く可能性を回避できた。いざ『開戦』になったら、戦場におもむくのは頭の悪い二流・三流大学の学生か、大学に行けない引きこもりだろう」

とでも思っているのだろう。もしそう思っているとしたら、本当にゾッとする世界観である。

という愚痴を言ったところで、精神的に楽になるわけではない。声高に「反戦」といわず「とりようでは世間にもそもそと異を唱える」やり方の方が、今の時代ではもっとも賢いのかも知れない。

というわけで、先月読んだ本の紹介である。

 

ハーバード大学は「音楽」で人を育てる──21世紀の教養を創るアメリカのリベラル・アーツ教育ハーバード大学は「音楽」で人を育てる──21世紀の教養を創るアメリカのリベラル・アーツ教育

読了日:12月10日 著者:菅野恵理子
ウィッチクラフトワークス(9) (アフタヌーンKC)ウィッチクラフトワークス(9) (アフタヌーンKC)

読了日:12月16日 著者:水薙竜
進撃の巨人(18) (講談社コミックス)進撃の巨人(18) (講談社コミックス)

読了日:12月22日 著者:諫山創
赤と黒 (上) (光文社古典新訳文庫 Aス 1-1)赤と黒 (上) (光文社古典新訳文庫 Aス 1-1)

読了日:12月22日 著者:スタンダール
平和学の現在平和学の現在

読了日:12月28日 著者:

Read the rest of this entry
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

「2015年5月の読書リスト」

安倍晋三は、どうしても自衛隊を海外に送り出したいらしい。

その背景にあるのは、外務省が抱えるトラウマ。

20年以上前の1991年に起こった湾岸戦争。ご存じの通り、日本は憲法九条がネックになり、自衛隊を海外に派遣することができなかった。そのかわりに軍資金を送ることにしたのだが、戦争終了後、イラクに占領されかかったクエートからは、礼状が送られることがなかった。このことを「軍隊を派遣しなかったから」と思った外務官僚達は、自衛隊の海外派遣の機会を虎視眈々と狙っていた。そこに安倍晋三の個人的な野心が加わったのが、いまの情勢である。

ということをぐちぐち言ったところで、何にも変わらないのだけどね。

というわけで、先月読んだ本の紹介。

先月はたった2冊である。もちろん、マンガすら読んでいない(そもそもカネがない><)

哲学用語図鑑哲学用語図鑑

読了日:5月13日 著者:田中正人
翻訳教室 (朝日文庫)翻訳教室 (朝日文庫)

読了日:5月15日 著者:柴田元幸

哲学用語図鑑

「あと20年くらい前に、こういう本があったらなあ」

それが、この本を最初に見た感想である。

「哲学入門」というタイトルのつく書籍は数多あるが、それらの多くはそれなりに理解力があることが前提になっているなど、大方の人間にとってはとても読みこなせないであろう。なぜならこれらの多くは、作者が「(読者が)これだけのことは知っていて同然」という視点で書いているからだ。そのため、多くの読者にとっては「この本のどこが『入門書』なんだ!」という憤怒の思いを抱かせ、哲学の世界から読者を遠ざけることになる。

この本に登場する哲学者は古代ギリシャから現代活躍する哲学者まで70人、彼らの思想をおさえておく上で重要な、本書に出てくる哲学用語は200以上。彼らが織りなす哲学の世界を、人物紹介のページは見開きでは4人、用語は1つの用語に1〜2ページで、イラストを用いて簡潔に紹介している。解説される用語自体が一般人にとって難解であり、理解するのは決して容易ではないが、一般社会に膾炙されている用語が多いことに気づく人は多いだろう。欲を言えば、東洋哲学や日本哲学(といっても佛教がほとんどだろうが)について紹介して欲しかったと思う。

翻訳教室

ポストモダン文学を中心に原題アメリカ文学作品の翻訳を多く手がけ、東京大学で長らく翻訳についての講義を担当するかたわら、翻訳について多くのエッセイを残している柴田元幸。この本は、彼が担当していた「西洋近代語学 近代文学演習第Ⅰ部翻訳演習」(2004年10月〜2005年1月)の内容を文字化したものである。この本には9人の作品が紹介されているが、その中には村上春樹の作品を英訳し、それを改めて翻訳するという授業も含まれる。

当然だが、それぞれの作家には「文体」があり、翻訳するには、彼らが持つ文体はもちろん、人生、背景となる出来事などを考慮に入れなければならない。一人称を「俺」にするか「私」 にするかはもちろんのこと、代名詞はどう表現するのか、一つの訳語をどうやって決めていくか、日本語の順番と異なる場合の処理方法などを巡り、教師と学生の間で喧々囂々の議論が交わされることになる。

余談だが、印象に残ったのは特別講義のゲスト・村上春樹の「作家に必要なのは体力だ」という趣旨の発言。高度な思考力を支えるのも、体力は必要なのか。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

2014年8月の読書リスト

「かっとばせー!」

「○○君ファイトー!」

「感動をありがとう!」

という言葉が飛び交う、偽善に満ちた「暑い(イヤ、ここは「熱い」というべきか?)夏」がようやく終わろうとしている。

季節の上では「秋」なのだが、厳しい残暑はまだまだ続くしね。ちなみに今年は、この年になって「夏バテ」なるものをはじめて体験した。これがとんでもなくしんどいものだったとは。やっぱり私も年をとったのだな。

それはそうと、毎年毎年NHKで放映される「高校野球」のバカ騒ぎは何とかならないものか?昨年は東北勢が2校、今年は北信越税が2校準決勝に進んだが、結局優勝したのは、大都会(昨年は関東、今年は関西)の「野球学校」。なんだか白けるわ。そういえば去年は春夏とも関東勢、今年は春夏とも関西勢が甲子園で優勝したんだよね。まあいいけど。

そこに持ってきて、今年は軟式高校野球でも「前代未聞」の新記録だもんね。延長50回…これは驚くべきなのか?それとも讃えるべきなのか?はたまた非難してしかるべきなのか?一試合が終わるのに足かけ4日間かかり、双方とも一人で試合が終わるまで投げきった。サスペンディッドゲームとはいえ、なんとかならんものなのか?当然相手チームはその間待ちぼうけ。調整がやりにくかったのではと思っていたら案の定、相手チームの監督は、試合終了後のインタビューで「難しかった」とこぼしていたそうだ。大人の押しつける「不条理」に黙って耐え抜く高校生には同情する。欧米でこんなことをやらせたら、間違いなく非難囂々だろうね。

そしてとどめは「24時間テレビ」。はっきり言って、この番組の使命はとっくに終わっている。当時は深夜にテレビをやらないのが当たり前、そんなときに1日中「福祉」「助け合い」をテーマにした番組を24時間、それもスタッフが手弁当で放映することだけでも大きなインパクトだった。だが時代は大きく変わり、出演タレントには高額ギャラが提示され、テレビ放映も24時間が当たり前に鳴り、番組の内容も偽善色がぷんぷん漂う。こんな番組を、今も面白がって観る視聴者の頭の中を知りたい。

さて、先月読んだ本の紹介。

2014年8月の読書メーター

読んだ本の数:6冊

読んだページ数:1305ページ

ナイス数:4ナイス

進撃の巨人(14) (講談社コミックス)進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

読了日:8月9日 著者:諫山創
亜米利加ニモ負ケズ (新潮文庫)亜米利加ニモ負ケズ (新潮文庫)

読了日:8月13日 著者:アーサービナード
夢の雫、黄金の鳥籠 5 (フラワーコミックスアルファ)夢の雫、黄金の鳥籠 5 (フラワーコミックスアルファ)

読了日:8月19日 著者:篠原千絵
アジア新世紀〈6〉メディア―言論と表象の地政学アジア新世紀〈6〉メディア―言論と表象の地政学

読了日:8月28日 著者:
へるん先生の汽車旅行へるん先生の汽車旅行

読了日:8月30日 著者:芦原伸
ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

読了日:8月31日 著者:原作:OlympusKnights,作画:ピナケス

読書メーター

進撃の巨人(14)

今年8月現在で、シリーズ合計4,000万部を突破した大ヒットシリーズの最新刊。ついでにいえば、新刊書籍雑誌「ダビンチ」でも、42ページにわたってこのシリーズを取り上げているという。さて、どんな記事になっているのか?

連載当初は「人間Vs巨人」の対決の構図だったのに、いつの間にか「人間Vs人間」の対決になっている。話の流れが変わったのは、真相を究明しようという調査兵団の努力の賜なのだが、頼みの綱だったピクシスから連携を断れ、せっかく得た協力者も、謎の集団に抹殺され、彼らを抹殺しようという謎の集団の出現のために、調査兵団からも犠牲者が続出するなど、真相解明は困難を極める。連載開始から5年がたつのに、彼らには未だに希望の光すら見えない。果たして、すべての真相が明らかになるのはいつになるのか?冒頭から拷問シーンが延々と続き、暗殺者に顔を、頭を吹き飛ばされる調査兵団メンバーの姿は、ただただ「グロい」の一言である。

亜米利加ニモ負ケズ

卒業論文の執筆をきっかけに日本語に興味を持ち、23歳で来日して日本語学校に入学。そこで教材として使われていた作品を英訳したことをきっかけに日本語による文芸作品の制作を開始、今は詩・俳句・随筆執筆だけにとどまらず、ラジオの仕事にも積極的に関わるマルチ文芸人の最新文庫版。日本で作品を書く外国人はたまにいるが、彼ほど日本語を高度に駆使する人間は他にいるだろうか?この作品は、彼の中で日米の文化が高度に融合した結果生まれたものである。「ほほう」と思わせるところも「そうなの?」と思うところもあるが、一番印象に残ったのは、世界中で血眼になっている「宇宙開発」は、関係者の利権のためになされている、という見方。宇宙にロマンを感じている人にとっては、この発言はカチンとくるだろうな。====

夢の雫、黄金の鳥籠(5)

闇のパープルアイ」などの大ヒット作品で知られる篠原千絵の最新作の最新刊。16世紀のオスマン帝国最盛期の立役者・スレイマン1世とその王妃・ヒュッレムが主人公。もともとは別のマンガ目当てで書店に足を運んだのだが、帯のキャッチコピー「ヒュッレム懐妊」の文字が目にとまり、さんざん逡巡した末に購入。舞台はオスマン朝のスルタン・スレイマン1世の後宮(ハーレム)を舞台に、スルタンを巡る側室とその側近が繰り広げられる、ドロドロの愛憎劇。歴史物・韓流ドラマが好きな人は、すんなり入っていけるだろう。本巻で主人公はめでたく懐妊するが「お腹の子の父親は誰?」という問題が勃発する。スルタンが父親だったらめでたしめでたしなのだが、実は彼女はスルタンに内緒で、彼女を後宮に引き入れた人物と関係を持っていたのだ。もし彼が子どもの父親だったら?不安に思うのは本人だけではない。

アジア新世紀〈6〉メディア―言論と表象の地政学

2005年、岩波書店が発行した学術書「アジア新世紀」シリーズの1冊。タイトルこそ「メディア」という名前がついて入るが、本書では「メディア」以外にも建築、身体パフォーマンス、マンガ、美術なども取り上げているため、実際には「メディア」というより「カルチュアル・スタディーズ」色を前面に押し出していると思って間違いない。イスラム圏も「アジア」に含まれるはずなのだが、この地域を扱う論考はさほど多くなく、その意味ではやや看板倒れ。学術論文色が強いので、この分野に興味のある人以外はあまりお薦めではない。

へるん先生の汽車旅行

ラフカディオ・ハーン」こと「小泉八雲」の人生の軌跡を、実際に運行されている鉄道を使って辿ってみよう、という趣旨で執筆された紀行文。同時に、ハーンが来日前に歩んだ凄絶な人生に絶句。

母と生き別れ、父に捨てられ、大叔母の破産に巻き込まれる形で、不本意のまま渡ったアメリカ。

そこでは親戚に厄介払いされ、ホームレス同然の生活を送る。

記者として成功しかけるも、経営者と衝突を繰り返す。

同棲生活を経たにもかかわらず、破綻した結婚生活。

叶わぬ格差恋愛。

来日を決意したのも、ボロボロになった心身を立て直すものだった。そしてやっと掴んだ幸せ。

彼が日本文化を愛したのは、生まれ育った西洋文化、わけてもキリスト教に対する、拭い難い憎悪の感情があった。「神の前ではみな平等」といいながら、異文化に対して冷徹なキリスト教を、彼は許せなかったのだ。だが今の日本は、彼が思い描いている日本とは似ても似つかぬ姿になってしまった。天上の世界から、彼はどんな思いで今の日本を見つめているのだろう?

ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ (1)

今期、ネット上で話題になっている同名ロボットアニメのコミカライズ本。アニメ1~3話分を収録。アニメでの原作を忠実に再現しているが、アニメで触れられなかったオリジナルな場面が挿入されているわけではないので、アニメを見て気に入った人が読んでも、同じような感動を味わえるかどうかは疑問。その逆もまた然りで、画面構成を見て、アニメに興味を持ってくれる人がどのくらいるかどうか?アニメの迫力ある動きを、マンガで再現するには少々無理がある。ただし、原作には忠実に再現されているので「この場面はどんなことをいっているのか?」と気になる人、アニメの復習をしたいと思っている人にはお勧めしたい。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。