「2015年10月の読書リスト」

気がつけば、今年もかレンダーがあと2枚という時期になった。本当にあっという間である。

「あっという間」といえば、この国の「戦前化」も急スピードで進んでいる。先日も某書店チェーンが企画したフェアに「ネトウヨの抗議が殺到し、フェアが中止になる事態に追い込まれた。新聞を見ていたら、戦前の様子を知る人が

「言論統制は『上から』ではなく、国民が上の意向を忖度することからはじまる」

という趣旨のコメントを出していたが、これは本当だと思う。戦後に戦線拡大の責任を問われた旧日本陸軍幹部が

「君たちがさんざんあおったからではないか」

と答えたそうだが、これは本当だと思う。今の風潮に、メディアが手を貸しているのは間違いない。

それでは、先月読んだ本のご紹介。

先月は結構読んだな。

集団的自衛権はなぜ違憲なのか (犀の教室)集団的自衛権はなぜ違憲なのか (犀の教室)

読了日:10月3日 著者:木村草太,國分功一郎
早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした

読了日:10月4日 著者:小林拓矢
モア・リポート―新しいセクシュアリティを求めて (集英社文庫)モア・リポート―新しいセクシュアリティを求めて (集英社文庫)

読了日:10月13日 著者:
美しい国へ (文春新書)美しい国へ (文春新書)

読了日:10月20日 著者:安倍晋三
ちはやふる(29) (BE LOVE KC)ちはやふる(29) (BE LOVE KC)

読了日:10月21日 著者:末次由紀
楽園のカンヴァス (新潮文庫)楽園のカンヴァス (新潮文庫)

読了日:10月27日 著者:原田マハ

集団自衛権はなぜ違憲なのか?

「報道ステーション」コメンテーター(月曜日担当)でおなじみの、新進気鋭の憲法学者による最新刊である。筆者はこの本では、安倍内閣が推し進める「安保法案」の危険性について、わかりやすい言葉で解説している。「本を燃やそうとしている人間は、いずれ自国の憲法を燃やそうとするだろう」という言葉にはゾッとさせられるが、この内閣がこのまま安保法制を強引に推し進めようとすると、早晩国内外で立ちゆかなくなるのは、火を見るより明らかなことである。「法的解釈の安定性」についての意見は必読。この概念を否定するということは、条約の解釈すら自分たちの都合のいいように解釈する可能性もある。それは諸外国との外交関係にも重大な齟齬を来す可能性にもつながるということを、筆者は指摘する。だがほぼ全員が「知性を持つ者」に反感を抱くこの政権は、自分たちの都合の悪いところにはとことん頬被りを決め込むだろう。「この道はいつかきた道」にならないことを祈るしかない。

早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした

自らのことを「氷河期世代を代表するフリーライター」と自称するライターの、初めての単著である。

ただし、これを今問題の「ブラック企業で働き、身も心もボロボロになって退職した人間が書いたルポルタージュ」と思って読んではいけない。「自分は苦労して早稲田を出たのにまともなところに就職できず、生活のためにやむを得ずこんなちんけなところに就職した。だがそこは自分が思っていた会社ではなく、周りがバカだから自分の考えている仕事が何一つできない。だから悪いのは自分ではない」という恨み辛みを、延々と書き連ねているだけの駄本である。「ブラック企業」と思っているのは本人だけ、むしろ私は、彼みたいな人間を「一人前の社会人」に育成しようと奮闘していた、上司や先輩の苦労はいかばかりかと思ってしまうのである。====

モア・リポートー新しいセクシュアリティを求めて

先日このブログでも紹介した「モア・リポートー女たちの生と性」の後半。このアンケートには、5,000人を超える読者から回答が寄せられた。この本からは、彼女たちが「性」について思うところを、自分たちの言葉で赤裸々に語っている。興味深いのは「オーガズム」についての部分。彼女たちの意見を読んでいると、巷に溢れている官能小説の性表現が、以下に陳腐でいい加減であるかということが実感できる。オトコが想像する「性」とオンナが実感する「性」とのギャップ。そして彼女たちの多くは、世間や多くの男性が求めているものと、自分たちが求めているものとのギャップに苦しんでいることがわかる。初回のアンケートから30年あまり。この企画に協力してくれた女性たちは、30年前の自分をどう思っているのかを知りたい。

美しき国へ(2006年版)

現総理・安倍晋三の第一次内閣発足時にあわせて発行された新書。現職の総理大臣がこのような新書を出すのは極めて異例であり、当時はかなりの売れ行きがあった。時の総理が何を思い、現状をどう認識しているのかをしりたくて買った人が多かったと思うのだが…この本で書かれている内容に失望した人は多かっただろう。彼の思考を一言でまとめれば「日本大好き、祖父大好き」。時代はグローバル化が進んでいるのに、今だ「国ありき」という思考回路。経済でも環境でも「一国」だけで解決できない時代を迎えつつあるというのに。それにしても、この本で書かれていることと、国会答弁における対応があまりにも違いすぎる。この本は「俺は世間一般でいうところの『極右』じゃない」とアピールするだけに存在している?だとしたら、ネット上における評価が両極端なのも納得。

ちはやふる(29)

表紙にヒョロがでていることからもわかるように、この巻は「ヒョロの、ヒョロによる、ヒョロのためのエピソードが満載である。自らが弱いと自覚しているからこそ、下級生の心に寄り添い、彼らを一人前の戦力にする。彼の存在は「リーダーのあるべき姿」といえるかも知れない。そして「札全部が真っ黒に見える」といっていた太一にも復活の兆しが。だがかるた部をああいう辞め方をしたことが彼の負い目になっているようだ。千早たちに勝利の女神が彼らに微笑んだのは、まさに奇跡としか言い様がないが、このままでは全国大会で赤っ恥をかくのは確実。ここからどうやってチームを立て直していくのだろうか?そして詩暢の「かるたのプロになりたいんや!」という叫びが痛々しい。彼女の願いが叶えられますように。

楽園のカンヴァス

19世紀フランスの画家アンリ・ルソーの晩年の傑作「夢」にまつわる背景を主題にしたミステリー小説。ルソーが描いたという絵画「夢を見た」の真贋鑑定を、絵画コレクションの世界で有名なコレクターから依頼されたのは、新進気鋭のルソー研究者とMoMA(ニューヨーク近代美術館)のキュレーター。果たしてこの絵はルソーの作品なのか?はたまた何者かがルソーの名を借りて描いた作品なのか?そして、この依頼をしたコレクターの正体は?

著者は大学で美術史を専攻し、美術館の楽ゲインを経て森美術館の立ち上げに関わり、その課程でMoMAに出向経験があるため、美術館やコレクションの裏事情もふんだんに盛り込まれている。解説を担当した高階秀次氏によれば、古来から美術品は窃盗団のターゲットにされやすかったとのこと。現在「行方不明」とされている作品の多くも、彼ら「闇マーケット」関係者の間でやりとりされているのだろうか?

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

気鋭の憲法学者が「国民的アイドルグループ」と憲法について語る。それも、出版元は名うての右派シンクタンクがバックについているところ。これは新手の「改憲」を薦める書籍と思って店頭でパラ見したら、その中で議論されている内容は至極真っ当なものだった。

この本は南野森・九州大学准教授(憲法学)がAKB48メンバー・内山奈月に対して行った、2日間の集中講義の模様を収録した本である。内山は2013年6月、日本武道館におけるAKB研究生のライブで、日本国憲法をそらんじて話題になったアイドルだ。しかし本書の講師役である南野准教授は内山のことはおろか、AKB48のことをよく知らなかったという。南野氏は大学で憲法を教えて10年以上になるというのに、日本国憲法の全文も諳んじられないと書いている(アンタ先生だろう?)。

この二人がどんなきっかけで知り合ったのかは本書では触れられていないが、おそらく出版社経由でこの企画が持ち上がったのだろう、と勝手に推測してみる。前書きにもあるとおり、二人の集中講義を元にした書籍刊行が企画された時、約4年ぶりに自民党が政権に復帰して第二次安倍晋三内閣が発足した。安倍総理はかねてからの持論である「日本国憲法改憲」を実現すべく、「96条条文改正」「解釈改憲」に躍起になっていた。右派系シンクタンク「PHP研究所」を母体にする出版社は、この機会にアイドルと憲法学者に「改憲」の重要性を説いてもらおうと考えていたに相違ない。

だが当事者である南野准教授は、この風潮に違和感を覚えていたようだ。憲法学者として、世の中にあふれている憲法に関する言説には間違っているものが多いから、国民に憲法について正確に理解してもらいたい。憲法問題は、国民が得た正確な知識を土台にして議論してもらうことが必要である。そのためには我々憲法学者の側も、憲法の正しい理解を市民に広く伝えることが必要だと考えた。そして、南野准教授が言うところの「本当に頭のいいお嬢さん」との集中講義が始まった。====

本書の内容はどの憲法入門書よりも平易な言葉で語られているので、憲法初学者にお勧めである。終始一貫しているのは「憲法が縛るのは市民ではなく、権力者である」ということ。本書は5章で構成されているが、ここで触れられている内容は、一般市民はもちろんのこと、全国会議員は絶対に知っておかなくてはいけないことばかりである。裏を返せば、今の与党議員は、法学部出身であるにもかかわらず、日本の憲法学界の重鎮である芦部信喜の名前も知らなかった安倍総理以下、憲法の何たるかを理解していない議員ばかりだということでもある(余談だが「芦部信喜」の名前は、法学部出身の人間だったら、誰でも知っているはずの名前であると知人は語っている)。

印象に残っているのは、最高裁判所のみが有する「違憲審査権」。最高裁判所の大法廷は15人で構成され、過半数の賛成で「合憲」か「違憲」かが決まるという制度だが、南野准教授によれば、日本で違憲判決が出たのは10件しかないという。裁判所の違憲審査権はほとんどの国に導入されており、韓国では現憲法が制定されてから30年未満にもかかわらず、違憲判決が300件以上も出ているそうである。日本の憲法学者はこのことについて「日本の最高裁は、違憲判決を出すのが少ない」と不満を持っているそうだが、実はこの制度は、国民にとっては諸刃の剣なのだそうだ。

というのも、日本の最高裁判所の長官は憲法第6条第2項において「内閣の指名に基づいて天皇が任命する」が、裁判長以外の裁判員は、憲法第79条第1項に基づき、内閣が任命することになっているからだ。憲法上は、最高裁長官は天皇が任命することになっているが、実際は総理大臣が任命し、最高裁の裁判官も、内閣が任命することになっている。つまり総理がその気になれれば、自分と近い思想を持っている人間を、最高裁長官に任命する可能性があるということだ。安倍内閣が「集団自衛権の行使」を「解釈改憲」で認めた今、自分の憲法解釈を無理矢理「合憲」にする裁判官をどんどん指名し、司法の分野でも自分の言いなりになる人間を増やす気なのではないかと思うと、なんだか怖い気がする。

さて「憲法問題」といえば、どうしても避けて通れないのが憲法9条の問題である。南野准教授は自衛権の行使と認めるという立場を表明しているが、解釈改憲での行使には一貫して反対の立場をとっている。そして日本の憲法学会では、安倍政権が推し進める「解釈改憲」には否定的な立場をとる学者がほとんどなのだそうだ。

日本の「改憲派」は「日本国憲法は、GHQに押しつけられた憲法である」ことを理由に、改憲するべきだと主張する。だが南野教授はこれらの意見について

「憲法は押しつけられるものであり、70年近くもそれで運用してきたのだから別に(改憲しなくても)それでいいのではないか。大事なのは憲法が(その国に)根付いていること、国民の多くが憲法を受け入れていること、その憲法に従って、国家が一定程度安定的に運営されてきたことを考えれば、生みの親がどうのこうのといわれても(p224要旨)」

と、保守派が推し進める「改憲論」については明確に反対の姿勢を見せている。これを受けて内山も、あとがきのなかで

「この素晴らしい憲法を守り、意味を深め、価値を高めるメンバーでありたい」

と述べている。

当初述べたとおり、この本の出版元の親会社は右派系シンクタンクであるが、中身は安倍内閣が推進する「解釈改憲」に明確に異を唱える、護憲派寄りの憲法に関する書籍である。編集者はもちろん、出版を許可した責任者は、親会社の圧力をどうかわしたか興味を持った。

それと、内山が所属しているAKB48のプロデューサー・秋元康。彼は新自由主義を信奉し、安倍政権でも昵懇の仲だという話を聞いたことがあるが、そんな彼が、よくこの企画にOKを出したものだと感心する。右傾化傾向が強まる世論の中で、彼女の芸能生活が心配になってくる、というのは言い過ぎだろうか?

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。